生コラーゲンの特徴を紹介

生コラーゲンという言葉を聞いたことありますでしょうか。

普通のコラーゲンと生コラーゲンとではどのような違いがあるのでしょうか。

その違いや、生コラーゲンの特徴を紹介していきましょう。

生コラーゲンは、お肌の中にあるコラーゲンと同様の構造があるコラーゲンです。

ですので、普通のコラーゲンよりもお肌への働きはよくなるということがわかりますね。

一般的に見かけるコラーゲンは、お肌の中にあるコラーゲンと構造が違うようですよ。

こういったことを踏まえますと、生コラーゲンは水分を保持する力も高く、お肌をみずみずしくしていきたい・・・という人に向いているでしょう。

コラーゲンには現在は29種類のものが存在しています。

その中でも、生コラーゲンは一番体の中にあるコラーゲンと近いものとなっています。

構造は三重らせんといって、皮膚にあるコラーゲンと同じ構造になっています。

また、普通のコラーゲンと比較しますと、保湿能力がなんと2倍もあるようですよ。

これは、構造は三重らせんになっているということも関係しています。

三重らせんだからこそ、水分を取り込むことができる能力が高いのです。

ですから、生コラーゲンは普通のコラーゲンよりも保水能力が高いということがわかりますので、お肌へもよりよい働きをしてくれることがわかります。

普通の化粧品に含まれているコラーゲンではお肌が潤わない・・・という人は、生コラーゲンの配合されている化粧品を試してみてはいかがでしょうか。

生コラーゲンの情報についてより詳しく⇒http://nakubu.com/